被扶養者(家族)対象の健診

【令和3年度】

受診期間

令和3年4月1日~令和3年9月30日

補助金請求期限(健診費用を立替払いされた方は期限までに補助金請求をしてください)

令和3年10月29日(健保必着)

対象コース詳細

年齢は、年度末(3月31日)時点の年齢で判定してください。
被扶養者対象
コース
対象者・年齢 検査項目 補助金限度額
特定健康診査  配偶者以外の被扶養者で
40歳以上
健診項目表

健保指定の検査項目のみが補助金対象。人間ドックを受診した場合は補助金対象外となり全額自己負担。

7,150 円
定期健康診断 配偶者である被扶養者で
30歳未満
健診項目表

健保指定の検査項目のみが補助金対象。人間ドックを受診した場合は補助金対象外となり全額自己負担。

9,350 円
生活習慣病健診
(女性は婦人科含む)
配偶者である被扶養者で
30歳以上
健診項目表

健保指定の検査項目のみが補助金対象。人間ドックを受診した場合は補助金対象外となり全額自己負担。

~女性のみ婦人科を含む~

  • 乳がん検査(マンモグラフィ及びエコー)
  • 子宮頸がん検査(子宮頸部細胞診)

上記検査のみが補助金対象。(子宮体がん、経膣エコー、HPV等は補助金対象外)

33,000 円

女性は、生活習慣病健診と婦人科検診の合計金額。

生活習慣病健診と婦人科検診を別の機関で受診することも可能。(補助金限度額に注意)

注意事項

  • 受診当日に当健保組合の被扶養者に限ります。
  • 各健診(検診)年度内1回の受診に限ります。
  • 受診期間・補助金請求期限を過ぎたもは補助金をお支払いできません。
  • 健康保険証を使用して受診した場合(保険診療)は医療行為とみなされるため補助金対象外です。
    婦人科は「検診」である旨をお伝えいただかないと「保険診療」での検査となることがありますのでご注意ください。
  • 海外での受診は補助金対象外です。
  • 再検査は補助金対象外ですので、健康保険証を使用して受診(保険診療)してください。
  • 補助金限度額に満たない場合は実費分をお支払いいたします。

受診方法

◆契約健診機関で受診するとき 契約健診機関

契約健診機関へ直接予約をし受診してください。

  • 予約時に 「日油健康保険組合の被扶養者」 であることを必ずお伝えください。
  • 受診当日はご本人確認のため保険証を持参してください。
  • 契約項目のみであれば一部を除き窓口での費用負担なく受診できます。(自己負担分は当日窓口支払)
  • 一部を除き請求書と健診結果が健保へ直接届きますので申請の手間が省けます。

◆契約健診機関以外(近隣の医療機関)で受診するとき

近隣の健診機関等で受診し、費用は全額立替払いをしてください。
後日、健保へ補助金の請求をしてください。

補助金請求方法(請求期限厳守)

健診費用を立替払いした場合、以下必要書類を勤務先事業所経由にてご提出ください。

任意継続のご家族は健保へ直接お送りください。

請求期限を過ぎますと補助金をお支払いできませんのでご注意ください。

【補助金に必要な書類】下記➀~③は全員 ④は特定健康診査・生活習慣病健診を受診した方

①健診補助金請求書 補助金請求書用紙

②領収書(原本)
健診の内訳料金が記載された領収書をもらってください。記載がない場合は補助金をお支払いできません。

③健診結果(コピー可)

④特定健康診査質問票(コピー可)
健診機関より控えを受け取らなかった方は「特定健康診査質問票」を印刷しご記入ください。特定健康診査質問票用紙

申請書類はこちら
Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、ADOBE(R) READERが必要です。

お持ちでない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。